Alfatech VN はベトナムにおける BricsCAD のオフィシャルサプライヤです。

BricsCAD Mechanical V21

2020年11月25日

BricsCAD Mechanical V21の新機能

 

 

板金

T接続のフランジに対応

SMJUNCTIONCREATE コマンドで、フランジのTジャンクションに対応できるようになりました。

2枚の板金部品が接触していない場合でもTジャンクションを作成することができます。またこのコマンドで1つのソリッドを2つに分けることもできるようになりました。

 

Tジャンクションのタブとスロット

Tジャンクションを作成した後、メカニカルブラウザ上でタブとスロットに変換することができます。

 

ロフトベントのタブとスロット

BricsCAD Mechanical V21では、曲線のエッジに対してもタブとスロットを作成することができます。タブ数またはタブ寸法を設定するだけで、BricsCADが自動的に計算します。

 

ジャンクションの自動作成

BricsCAD Mechanical V21 はさらに進化しています。

SMCONVERT (板金へ変換)コマンドは、より高い精度でジャンクションとベンドを自動作成できるようになりました。板金展開可能な板金部材を、より早くより効率的に作成することができます。

正しく板金展開できる部材の作成時間を大幅に減らす一方で、必要に応じて手で部材を修正することができます。

 

分析的な板金展開

さらに、円錐や円柱の形状をしたロフトベンドの展開パターンを、四角形や分析的展開によって、より精度の高い展開形状を得ることができるようになりました。

 

部材ごとに板金部材のプロパティを設定

複数の部材からなる板金製品やアセンブリにおいて、部材ごとに特別なプロパティ(例えば、板金厚やベンドテーブル)を指定できるようになりました。

 

板金ベベル

ソリッドを板金部材に変換する時に使うSMCONVERTコマンドで、フィーチャーからベベルを自動作成できるようになりました。例えば、面取り部分は自動的にベベルに変換され、展開した際にはベベルであることが記されます。

 

内径0のベンドに対応

BricsCAD Mechanical V21 では、ソリッドを板金部材に変換する場合、内径0のベンド(ヘミング曲げ)も自動認識できるようになりました。

正しい板金展開の結果を得るのに手でベンドを修正する必要はありません。

 


 

BOMマネージャ

BOM(部品表)マネージャにも、カスタム列、列フィルタ、パラメータによる集計など、大きく改善されています。

特にフィルタ類は、型式や寸法や数量などの必要な情報のみを正確に抽出する上で便利です。また表全体を対象とするか、ある列のみを対象とするかも選べます。さらに式を使ってBOMをもっと使いこなすことができます。

 

配管設計

BMINSERT(挿入)コマンド 

BMINSERT(挿入)コマンドは、新たに配管設計機能に対応しています。図面の中の部品に対して、挿入する部品を自動的に調整して挿入します。

部品同士が接触する箇所で拘束が付与されます。配管部品は自動的に接続するとともに、アセンブリ内の拘束や共通パラメータに従って自動的に寸法が調整されます。

 

BMCONNECT(メカニカル接続)

BMCONNECTコマンドは、3D空間に任意に配置した配管を自動的に接続する新しいコマンドです。

 

分解アニメーション

アニメーション編集パネルで、パラメータをアニメーションで動かしたりカメラの動きをプログラムしたりすることができます。プログラムしたアニメーションは、BricsCAD上で再生したり、ビデオにレンダリングしたりすることができます。

コメントの登録